kitoki

メイド・イン・ニッポン
丁寧な道具のある暮らし。
着飾らない、自分に正直な、きときのある暮らし。
『kitoki』とは2007年、広島県府中と福岡県大川市の家具工房4社と、
デザイナー関洋と小泉誠の出会いから生まれた生活家具ブランドです。
日常の生活にそっと寄り添うきもちのいい素材と佇まいを目指しています。
「木と木のつながり。」
「気と気の結びつき。」
「機と来の可能性。」
これがわたしたち、『きとき』のはじまりです。アメリカ広葉樹と国産材の肌触りとぬくもりを大切に活かし、『家』 に 『具』 わるものとしての必要と必然から生みだされるカタチで、暮らしと空間に寄り添った、生活に大切な道具づくりを手がけています。

きときと、つくり手のこと。

山々と海に囲まれた、豊かな天然と自然の風土に恩恵を受け、きときならではの風合いは育まれています。広島県府中市と福岡県大川市の3社がふたりのデザイナーと協働で製品づくりに取り組んでいます。3社それぞれの特長と個性は、古来の家具技術に屈託ない磨きをかけた静寂と温厚のある世界観を実現しています。

きときと、素材と森のこと。

環境保全に配慮した森林管理の下で供給されるアメリカ広葉樹と国産材を素材に使っています。日本では家具材として使われることの少なかった節や割れ、特徴的な木目がある部分を木の個性と捉えてデザインに積極的に取り入れています。素材を無駄なく活かすことの、有効利用にも通じます。

きときと、デザイナーのこと。

日本の生活道具を高める動機のひとつ、
デザインの行き届いた佇まいには、大きな閃きと確かな知恵に溢れています。きときは、小泉誠と関洋の二人がデザイナーを手がけています。箸置きから、家具、住宅にいたるまで生活に関わる道具を幅広く扱う二人が素材の特徴を活かした味わいのある家具を提案いたします。

Makoto Koizumi/小泉誠 | 家具デザイナー

1960年東京生まれ。
デザイナーの原兆英・原成光両氏に師事した後、コイズミスタジオ設立。
箸置きから建築まで生活に関わるデザインを手掛ける。
伝える場として東京国立市に「こいずみ道具店」展開。

Item Collection

※当店で展示・販売しているアイテムになります。
※店舗限定アイテムによりインターネット販売はできかねます。ご了承ください。

M-テーブル

商品名:WK06.M-table 
※オプション:配線孔+キャップ付

樹種:ブラックチェリー(脚:ウォールナット)
仕上:オイル
サイズ:幅150×奥行80×高さ70cm
デザイン:小泉誠
コメント:
脚を天板と異なる樹種で、自然の木のスートンカラーに。
天板の樹種がより引立つデザイン。
【イメージ画像】
真横からのフォルム
【イメージ画像】
斜めからのフォルム
【店舗画像】
樹種:ブラックチェリー&ウォールナット
仕上:オイル
サイズ:幅150×奥行80×高さ70

Wベンチ

商品名:WK37.W-bench ※板座
樹種:ウォールナット オイル仕上
サイズ:幅120×奥行37×高さ41.4cm
デザイン:小泉誠
コメント:
中央にスリットがあるデザインベンチ。
M-テーブルの脚と逆の八の字型の台形脚。
【イメージ画像】
樹種:オーク(手前)、ウォールナット&オーク(奥)
【イメージ画像】
樹種:オーク拡大
【店舗画像】
樹種:ウォールナット&ブラックチェリー
仕上:オイル
サイズ:幅110タイプ

Wチェア

商品名:WK23.W-chair ※板座
樹種:ウォールナット/チェリー
仕上:オイル
サイズ:幅43×奥行49.5×高さ73・座高41cm
デザイン:小泉誠
コメント:
M-テーブル・W-ベンチと相性抜群のチェア。
【イメージ画像】
樹種:ホワイトアッシュ 座:ファブリック
【イメージ画像】
背もたれ拡大
【店舗画像】
樹種:ブラックチェリー&ウォールナット オイル仕上

デスクキャビネット

商品名:DK06.desk cabinet
樹種:ホワイトオーク(天板・側板)+ウォールナット(脚・引出・可動棚)
仕上:オイル
サイズ:幅142.5×奥行45×高さ71.5cm
デザイン:小泉誠
コメント:
引き出しの側板・可動棚を含め、ほぼ無垢材でできている。
学習机や書斎机など様々な用途で使えます。
【イメージ画像】
真横に伸ばした状態
【イメージ画像】
重ねた状態
【イメージ画像】
真横に少し伸ばした状態
【展示品アウトレット】
kitoki:デクスキャビネットにつきまして、9月22日をもちまして展示期間が1年間を経過する為、現品の販売を開始しました。

資料請求kitoki

ご興味のあるお客様は、資料をご参照頂けると幸いです。
当店よりパンフレット(kitoki)を送付致しております。
お気軽にお申し付けください。
※もちろん費用は、無料です。